ウエディングドレスの種類

プリンセスラインドレス

ウエストより上はキュッと体にフィットして、ウエストより下はパニエによりふんわりとボリュームのあるシルエットが特徴です。

胸元のゴージャスな刺繍や、スカート部分の刺繍、素材の重ね、長いトレーンなど、ゴージャスなデザインの演出ができるウエディングドレスで、バリエーションも豊富です。

Aラインドレス

ウエストより上はタイトに、ウエストより下のスカート部分は、裾に向かって自然に広がっており、Aラインの名前のとおり、アルファベットの『A』のようなシルエットが特徴。

一昔前はシンプルなウエディングドレスでしたが、最近はゴージャスな刺繍や、特徴のあるカッティング、フリル、立体的な縫製、長いトレーンなど、バリエーションも豊富です。

マーメイドラインドレス

上半身から膝までは体にフィットしたタイトシルエットで、膝からは魚の尾ひれのように広がった、人魚のようなシルエットが特徴です。

また、広がった裾にはエレガントな印象を与えるギャザーや、レースが使われているドレスが多く、優雅で大人の花嫁を演出してくれます。

スレンダーラインドレス

スカートの膨らみがあまりなく、上から下までストレートのシンプルなシルエットが特徴です。

レースや、トレーンの長いスレンダーラインドレスは上品な印象に。シンプルなスレンダーラインはモードな印象を演出してくれるウエディングドレスです。

他のドレスに比べて動きやすいのも特徴で、レストランウエディングやハウスウエディングのウエディングドレスとして人気があります。

エンパイアドレス

ウエディングドレスの多くは、ウエストに切り返しがあり、ウエストを絞ったデザインですが、エンパイアドレスは胸下から切り返しがあるため、ウエストの締め付けがなく、スリムで背が高く見えるのが特徴です。

ウエストを締め付けず、緩やかなウエディングドレスとして、主にマタニティの花嫁たちから注目されるウエディングドレスです。

古代ギリシャの服装がデザインのベースとなっており、ギリシャ彫刻の女神像や、古代ギリシャの映画などで同様の衣装を見ることができます。

女神の衣装だけにどことなく気品があり、年齢を問わず着こなせるのがエンパイアドレスの特徴です。

ベルラインドレス

ウエストより下のスカート部分が、ベルのようなふわっとしたシルエットが特徴です。

プリンセスラインよりスカートの膨らみは小さく、ウエストラインに切り返しがないプリンセスラインに比べ、ベルラインはウエストに切り返しがあります。このウエストの切り返しによりスタイルが良く見えるようになっています。